弥勒のろうけつ染     よこいひでお よこいてるみ


 

 

 

●ろうけつ染 

 

「ろうけつ染」は、溶かしたロウで布などに描き染色します。

複数色で染めるためには、染めてはロウで描く工程を根気強く繰り返します。 

最後にロウを落として洗いますが、蝋が何度も重なり、染まり具合がどうなのかは蝋をとるまではっきり分かりません。

中国では2世紀ごろから ろうけつ染技法があったと言われ、日本には天平時代からこの技法があったと言われています。

 


 

 

 


●弥勒 ~みるく~  

 

よこいひでお(BOO)よこいてるみ(てるみ)

 

1991年北鎌倉で「ろうけつ染」を教えるおばあちゃんの家で知り合い結婚。

年の離れた夫婦デュオとして、日本全国を旅しながら唄い、またろうけつ染でも独自の世界をふたりで表現。

「弥勒」は沖縄で信仰される来訪神。

ニライカナイから豊穣をもたらすといわれ、沖縄読みでミルクと読む。

 http://homepage1.nifty.com/ASIBI/

 

      

 

よこいひでお

 

 

 1944年2月29日~2011年12月28日


出身地: 東京都目黒区

故石井静枝氏にろうけつ染の手ほどきを受ける

一度見たら忘れられない画風で 素朴であたたかい作品に表現することを得意とする

30センチ×30センチほどの作品から200センチ×200センチを超える作品まで 主に 額に装丁して展示する作品を染めている

やさしい色合いと独特の世界観で好評を博し 作品展を楽しみに待つファンが多い

20114月ろうけつ染絵本「ここにいるよ」で絵を担当

2009年 第105回太平洋展入選 以降連続して入選

「よこいひでお 森のろうけつ染展」を毎年横浜で開催

 ニックネームは「BOO(ぶー)」

 ブログ・http://booyugafu.cocolog-nifty.com/booterumi/

 

 

 

よこいてるみ

出身地: 神奈川県横浜市

 

故石井静枝氏にろうけつ染の手ほどきを受ける

筆で遊ぶように描く模様や、話しかけるような文字を描き染色する

2009年、2010年の北海道ツアー中にアイヌ刺繍の手ほどきを受け

ろうけつ染とともに 刺繍もとりいれる

 

主に 手ぬぐい 小物など 手に取りともに暮らす作品を製作

よこいひでお のろうけつ染展では作品に手書きで文を添える

20114月ろうけつ染絵本「ここにいるよ」で文とデザインを担当

ブログ・http://yokoiterum.exblog.jp/